マンション

今や日本の住宅事情を支えているマンスリーマンションとは

今や日本の住宅事情を支えている

いつの頃からか、現代社会におけるライフスタイルとしてすっかり市民権を得た形の東京など都市部に多いマンスリーマンション。
その名の通り月ごとの契約が可能なため、選択肢の幅が大きく広がることでしょう。そんなマンスリーマンションですが、多くのメリットが存在するため、今や日本の住宅事情を支えているといっても過言ではありません。
例えば、敷金・礼金が不要であること、水道代や電気代が家賃に含まれているということ、家具が一式揃っているということなどが、メリットとしてすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。
いずれにしても初期費用が大きく節約できるため、新たな生活を始めるにあたりうってつけなのです。
極端な話、手荷物一つだけで入居できてしまいますから、地方から東京などに出てきて住宅事情に疎い間はマンスリーマンションで様子見、なんてことも一つの手段であり、自分の生活を組み立てるためにはかなり有効なのではないでしょうか。
もちろん、メリットが存在する以上デメリット(複数月の前払い、短期間の場合割高になる)が存在するのも事実。結局はしっかりとした計画を立てたうえで、入居することが求められ、そうすることができれば、貸す側、借りる側双方にとってお得な契約となるに違いありません。

東京のマンスリーマンションの利点と使い道


マンスリーマンションとは、短期契約型の家具・家電付きのマンション・アパートのことです。テレビや冷蔵庫、洗濯機などの生活に必要な家電製品やベットやテーブルなど、生活に必要となる家具が用意されているので、契約したその日から、生活することができます。
通常なら家を借りる場合に必要になる敷金や礼金も不要なケースが多いので、必要に応じて、気軽に入退居できます。また、契約期間が長期になるにつれて、月額料金も安くなるケースが多いので、1カ月の短期から年単位の利用も可能です。(1カ月を超える場合は、1日単位での利用が可能なケースが多い。)
以前は、マンスリーマンションというと狭くて汚いというイメージがありましたが、現在では、普通の賃貸マンションをマンスリーマンションとして貸し出しているケースも多く、不自由なく生活することができます。
マンスリーマンションの活用シーンとしてよくあるのが、仕事の長期出張です。1カ月以上、遠地での出張が続いて、ずっとホテルだと、なかなか落ち着くことができませんが、マンスリーマンションだと自炊もできますし、自分の家と同じように自由に使うことができます。都市部近辺など、便利なところに多いので、通勤の負担も下げることができるでしょう。 

知って損なし!東京でのマンスリーマンション活用法


駅前などにあるマンスリーマンションの存在を知りつつも、どういった時に使うものなのかなどご存知ではない方も多いのではないでしょうか。マンスリーマンションはかなり使いやすい仮住まいになりますから、使わないのはもったいないです。これから、知って損無しのマンスリーマンションの活用方法についてご説明致しますので、一読してみてください。
まず、マンスリーマンションというのはホテルのような仮住まいであり且つマンションのようなキッチン、バストイレなどがついている物件になります。それに加えて入居をしたらすぐに生活ができるように、最低限の家具家電もついています。入居期間はだいたいどのマンスリーマンションも一週間以上で一年未満、敷金礼金は不要、清掃代だけ最初に支払うという仕組みになります。ホテルよりも安く普通の生活ができ、マンションよりも勝手が良いという事で、遠方から来られる際は中長期の滞在で、とても活躍してくれる事でしょう。
具体的にどんな時にマンスリーマンションは使われているのか、例を出して解説をします。まずは出張、遠方での受験期間中の滞在、家族の入院の看病、大規模リフォーム中の仮住まい、結婚前のお試し同棲など様々です。他にもこのマンスリーマンションの特徴を活かせる場面は沢山あるので、どんどん活用していきましょう。
 
マンスリーマンション上野をお探しなら生活快適空間の「エルシボックス」をご利用ください。当サイトは上野エリアのマンションを簡単に絞りこめます。ぜひご活用ください。

TOP